【最強のノイズキャンセリングヘッドホン】ソニー WH-1000XM4

【最強のノイズキャンセリングヘッドホン】ソニー WH-1000XM4

2020/11/28
シンプルライフ
スポンサーリンク

「WH-1000XM4」とは?

ソニー WH-1000XM4
created by Rinker

「WH-1000XM4」はソニーから発売されているノイズキャンセリングヘッドホンです。

ウォークマンやハイレゾなど音楽市場で大きな存在感のあるソニー。ここ最近のトレンドでもある「ノイズキャンセリング」の分野でもとても評判が高く、ノイズキャンセリングイヤホンの「WF-1000XM3」はAppleの「AirPods Pro」と並んで人気の高いアイテムです。

イヤホンである「WF-1000XM3」のヘッドホン版と言えるのがこの「WH-1000XM4」。2020年9月4日に前作「WH-1000XM3」の後継機種として発売された新モデルです。
※WFシリーズはイヤホン、WHシリーズはヘッドホン

「WH-1000XM4」のメリット

  • ノイズキャンセリング性能が素晴らしい
  • 音質が良すぎて今まで聞こえなかった音まで聞こえる
  • マイク内臓なので通話やオンライン会議にも使用可能
  • イヤホンよりもバッテリーが大きいため長時間使用できる

最大のメリットはやはりノイズキャンセリング性能の高さです。我が家の仕事場は特に騒音などもなく普段から静かです。それでもこのヘッドホンを使用してみたところちょっとしたノイズまで完全にシャットアウトして、まさに静寂な世界に。ヘッドホンを外すとそれまで静かだと思っていた仕事場がうるさく感じるほどでした。

音質の良さも大いに感じることができました。耳をすっぽり覆う形となるヘッドホンは基本的にイヤホンよりも高音質とされています。そんなヘッドホンの中でも様々な技術により音質を極めた「WH-1000XM4」はものすごく臨場感のあるサウンドが楽しめます。これまでのイヤホンやスピーカーでは聞こえなかったようなわずかな音まで聞こえて、「こんな音が鳴ってたのか」と感じるほどです。

マイク内蔵で通話やオンライン会議にも使用することができたり、イヤホンよりバッテリーが大きいため長時間使用できたり、と多くのメリットを感じることができました。

「WH-1000XM4」のデメリット

  • すべての外音がなくなるわけではない
  • 価格が高め

ノイズキャンセリング性能の高さについて書きましたが、決してすべての外音をカットできるわけではありません。近くから聞こえる人の声や音楽などはある程度小さくはなりますが聞こえるのは聞こえます。「ノイズ」という言葉の通り、「不要な騒音」を消してくれると思ったほうがギャップは少なそうです。

高性能ゆえにやはり価格は高めなので、そこが気になる部分かとは思います(価格については後述)。

「WH-1000XM4」の価格

¥35,518(Amazon:2020/11/28 17:30現在)

定価は¥44,000なのでヘッドホンとしてはだいぶ高価な価格帯。実売価格としては¥35,000〜¥40,000程度のようです。ちなみに私は11月に開催されていた「超PayPay祭」の最終日11/15に購入しました。通常よりかなり多めのポイント還元があり、実質¥26,000くらいで購入できました。前々から欲しかったものの価格の高さがネックになっていたので「超PayPay祭」を機に思い切って購入した形です。

「WH-1000XM4」はこんな人におすすめ

  • 音楽好きで高音質で楽しみたい人
  • 静かな環境で集中して作業したい人
  • テレワークなどでオンライン会議の機会が多い人
ソニー WH-1000XM4
created by Rinker

 


Instagramではシンプルライフに関する日々の発信をしています。よろしければぜひフォローしてみてください。

【Instagram】@simple_uchiyama

Twitterではシンプルライフ以外にもデザインのこと、家族のこと、趣味のことなどを自由につぶやいています。こちらもよろしければぜひ。

【Twitter】@michidesign0809