【ミニマルな祝儀袋】MIDORI 祝儀袋 祝色 白

【ミニマルな祝儀袋】MIDORI 祝儀袋 祝色 白

シンプルライフ
スポンサーリンク

「MIDORI 祝儀袋 祝色 白」とは?

MIDORI 祝儀袋 祝色 白はデザイン文具の総合メーカーMIDORIから発売されている祝儀袋です。

 

一般的な文具店でも取扱いあるかとは思いますが、Amazonなどでも購入可能です。またMIDORIの公式オンラインストアでも購入可能です。

購入のきっかけ

先日、親友の結婚祝いのために祝儀袋を買いに行きました。

文具店の祝儀袋が並ぶコーナーに行くと、華やかで豪華なデザインの商品がたくさん並んでいました。赤や金を中心に、男性向きだと青や紺などシックなデザインのものもありました。

そんな中で私の目に飛び込んできたのはこの真っ白な祝儀袋。こんなに白くてシンプルな祝儀袋はこれまで見たことがありません。まさに「ミニマル」な祝儀袋。一目で気に入ってしまいました。そのままレジへ向かったのは言うまでもありません。

目立つ、目立たないとは

デザインを語る上でよくある話題に「目立たせ方」があります。

ある要素を目立たせようとしたときにまず思いつくのは、

  • 派手な色を変える
  • 装飾を加える
  • サイズを大きくする

などがあります。

しかしながら、周りの要素がどれももこれも「派手な色」だった場合、目立たせようとする要素も同じように「派手な色」な色にしたら目立つでしょうか?

正解は「目立たない」です。周囲と同化し、埋もれてしまうため派手な色にしたにも関わらず残念ながら目立つことはありません。

そういう場合は、”逆”に「白や黒」「彩度が低めの色」「単色」など、シンプルな色にした方が目立つことが多いです。

他にも、先ほどの例で考えると、

  • 派手な色を変える →シンプルな色に変える
  • 装飾を加える →装飾を減らす
  • サイズを大きくする →サイズを小さくする

となります。

目立つか目立たないかは、その要素単体ではなく、周りの要素との関係で変わるという話です。

……突然デザインについて語り始めましたが、この祝儀袋もまさにそれと同じですね。

他の商品が華やかで豪華なデザインばかりなのであれば、”逆”に今回のような真っ白でミニマルなデザインが目を惹きます。

新郎新婦の印象にも残るはず

このミニマルな祝儀袋、おそらく購入時だけではなく、新郎新婦にお渡ししたときにもかなり印象的なのではないかと思います。

私自身も結婚式の際に多くの方からご祝儀をいただいたわけですが、その祝儀袋はやはり大多数が華やかで豪華なデザインでした。

そんな中に1つ、真っ白の祝儀袋があったとしたら……印象に残るに違いありません。

「MIDORI 祝儀袋 祝色 白」はこんな人におすすめ

念のためですが、華やかで豪華な祝儀袋を否定しているわけでは決してありません。お祝い事ですし、そういったデザインは最適だと思っています。

そんな前提の上で、「他の方々とはちょっと違ったものを贈りたい」とか「真っ白できれいだな」とか「私、ミニマリストなので」といった方の選択肢の一つとして、この「ミニマルな祝儀袋」をおすすめしてみました。

祝儀袋を使う機会があるミニマリストの方、この「ミニマルな祝儀袋」をぜひお試しいただければと思います。

 

ちなみにこの商品、実は白以外にもカラーバリエーションがあります。

出典:https://www.midori-store.net/SHOP/25445006.html
  • 祝色 白
  • 祝色 金
  • 祝色 紅
  • 祝色 藍

どのカラーも基本的に単色でとてもシンプルですね。

 


Instagramではシンプルライフに関する日々の発信をしています。よろしければぜひフォローしてみてください。

【Instagram】@simple_uchiyama

Twitterではシンプルライフ以外にもデザインのこと、家族のこと、趣味のことなどを自由につぶやいています。こちらもよろしければぜひ。

【Twitter】@michidesign0809