【悲報】テレワーク終了の知らせ

【悲報】テレワーク終了の知らせ

2021/12/10
息子
息子

おや?今日はなんだか元気がないですね?どうかしましたか?

父

実はさ、これまでテレワークだったのに、週5出社に戻ることになっちゃったんだよね。
在宅はとても働きやすかったから残念で残念で……

息子
息子

なるほど、そういうことですか。でも出社することのメリットも多いと思いますよ。

父

え?あ、たしかにそうかもね。ちょっと考えてみようかな。

スポンサーリンク

突然のテレワーク終了の知らせ

私はIT企業のWebデザイナーとして仕事をしています。2020年5月からの約1年半、週5の在宅勤務で仕事をしてきました。

そんな中、今朝突然の知らせが届きました。

 

「テレワークは終了です。週5日に完全出社に戻します。」

 

残念です……とても残念です。

 

世間では「出社派」「出社と在宅のハイブリッド派」「テレワーク派」の大きく3つのタイプの方がいるかと思います。自分はテレワーク大大大賛成派でしたなので、今回のテレワーク終了の知らせはとても残念でした。

事実は事実 それをどう捉えるかは自分次第

テレワーク終了はたしかに事実です。しかし、その事実に対して「残念」と捉えるか、逆に「うれしい」と捉えるかは自分の気持ち次第だなと思いました。

こう思ったきっかけは『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』という本を読んだことです。

この「反応しない練習」、今年読んで良かった本の中でベスト3に入る本です。

「苦しみ」とは自分が「反応する」ことから始まっている。「反応しない」ことこそがあらゆる悩みの解決方法である。

詳細は割愛しますがこんな内容の本です。この本の考え方には非常に共感し、私も日常に取り入れています。

こういった考え方に基づき、テレワーク終了の事実を「残念だな」と反応するのではなく、出社に戻ることのメリットの方に目を向けてみようと思いました。

テレワーク終了を前向きに考え直してみた

テレワーク終了を前向きに考え直す、すなわち出社によるメリットを考えてみました

  • 同僚やクライアントと対面でのコミュニケーションがとれる
  • 家の外に出ることで日常の刺激が多くなる
  • 通勤時間で読書ができる
  • 通勤で歩くので運動になる
  • 部屋着ではなくおしゃれできる
  • お気に入りのバッグを毎日持ち歩ける
  • オフィス街の好きな店でランチできる
  • 家の電気代がかからなくなる
  • 休日に名古屋駅に行くとき、定期があるのでタダで行ける

大きなことから小さなことまで挙げてみました。こうして見るとなかなかメリットが多いではありませんか。出社に戻るのも悪くないかもしれません。

次に出社によるデメリットを考えてみ……ようかと思いましたが、やめました。デメリットは考えませんメリットの方だけに目を向けます

テレワーク終了の件で考えたこと

今回、突然テレワーク終了の知らせを受けて、考えたことが2つあります。

  • 出社に戻ったことは、新型コロナが落ち着きを見せてきたからこそ(オミクロン株の心配はあるが……)。コロナ禍以前のように徐々に人と会ったり、外へ出かけたりできることは良いこと。
  • テレワークできていたときは「会社員でありながらフリーランスのような働き方ができて最高」なんて思ってたが、会社員はあくまで会社員。いざというときは会社の決定には従わざるを得ない。

1点目はポジティブな内容です。2点目はネガティブ……といえばネガティブですが、これも考え方次第。会社の決定に従う一方で、会社員であることで受けている恩恵はとても大きなものです(社会保険の面での恩恵はかなり大きい)。

「会社員/フリーランス」「出社/テレワーク」などはそれぞれ良い面と悪い面があります。ある事実に対して、どちらの面を見るかは自分次第。私は良い面の方を見ることに決めました。

おわりに

以上、「テレワーク終了」をテーマに私が考えたり思ったりしたことを書きました。

本当は記事になんて書くつもりなかったのですが、風呂に入りながらいろいろ考えているうちに「これで1記事書けそうだな」と思い、考えが新鮮なうちにとスピード重視でまとめました。

この記事を書けたということもテレワーク終了によりもたらされた良いことの1つかもしれませんね。

 


Instagramではウチヤマ家の「暮らし」と「モノ」について日々発信しています。シンプルライフに興味がある方はぜひご覧になってみてください。フォローもしていただけるとうれしいです!

【ウチヤマ家のシンプルライフ Instagramアカウントはこちら】